トイレの水漏れは自分で修理できるか

一言でトイレの水漏れと言っても、便器からの水漏れだけでなく、排水管や給水管、またタンクなど実に色々な原因が考えられます。自分で修理したいと思うなら、ふさわしい用具を使うとともに、正しい知識を持って対処しなければなりません。最も重要なポイントの一つは、これ以上被害を大きくしないために、実際の作業に取り掛かる前に止水栓を止めることです。トイレのどこから水漏れしているかをチェックしたら、自力で修理できるかどうかを確認してみることができます。

例えば、トイレの給水管と排水管をつなぐ分岐の部分から水がポタポタと漏れているなら、分岐部分にあるパッキンが劣化している可能性があります。その場合は、新しいパッキンに取り換えるだけなので簡単に修理することができるでしょう。場合によっては、トイレに入ってみると、便器内にちょろちょろと水が流れ続けていることに気付くことがあるかもしれません。そのような時には、タンク内の浮き玉の位置を調整することで改善される場合があります。

また、トイレのタンク内から水が流れ続けているような場合には、タンク内のボールタップの劣化が原因で水漏れしていることが考えられます。それで、新しいボールタップに交換することによって、修理できます。しかし、ふさわしい用具が揃っていなかったり水漏れの原因が分からないなど、自分の手に負えないと感じるのであれば、専門の修理業者に依頼するほうが賢明でしょう。その際には、スピーディーに対応してもらえるか、どれほどの実績があるか、さらには料金体制が明確かどうかをチェックして選ぶことができます。

トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *