トイレの水漏れを修理する方法

トイレを使うと意外と水を使うものです。大のほうで流そうと思うと大きなペットボトル一本では全然足りませんので、それだけ多くの水を使うことになることがよくわかると思います。そのため、トイレの水漏れが起こってしまうとどんどんお金がかかってしまうことになりますからすぐに修理するようにしましょう。まず、水漏れの修理をするうえで重要になるのは止水栓をしっかりと閉めることです。

これをしないといつまでも水が流れたままになりかねませんから、まず初めに行うことが得策です。これが終わったらどの部分から水漏れしているのかを特定していきます。パイプから漏れている場合に注意することはナットが緩んでいないかどうかです。この場合は閉めればなんとかなることが多いですから、確認を怠らないようにしましょう。

次に確認するべきなのは便器自体から漏れていないかどうかです。便器は陶器ですから、ちょっとした衝撃で割れてしまうことがあります。もちろん、経年劣化で割れてしまうこともありますからこういったところから漏れている可能性は高いです。もしも、便器の中の水が流れ続けているという場合は、タンクの中にある部品が壊れている可能性があります。

ゴムフロートという部分を交換しないといけないわけですが、これはホームセンターや通信販売で簡単に手に入るものです。自分で交換すればその分お金がかかりませんからやってみるのも一つの手です。トイレを修理する際は是非参考にしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *