トイレの水漏れを修理する際の注意点

毎日使っているものなので気づきにくいこともありますが、いつの間にかトイレで水漏れが発生している場合があります。少しくらいの水漏れならと軽く考えがちですが、早急に修理したほうが得策です。放置しておくと無駄に水道料金が発生し、漏れた水がトイレの床や壁などから建材内に浸透して住居を傷める恐れがあるからです。修理を自分で行うにしろ専門のサービス会社に依頼するにしろ、取り急ぎやっておくべきことは止水栓を締めることです。

こうしておけばとりあえず無駄に水道料金が発生することはありませんし、作業もやりやすくなります。次に水が漏れている箇所を特定するのですが、止水栓を締めて漏れなくなったのならトイレ内部の部品の緩みか劣化の可能性が考えられます。他に水漏れ箇所を特定する目安としては、便器から漏れているのであればヒビ割れか接続部の緩みが、タンクから出水しているのならレバーや水位調整装置に異常が、便器と床の間から漏れ出しているのであれば配管の損傷・劣化がそれぞれ考えられます。もし水漏れ箇所が特定出来て、交換すべき部品が明確に判明したのであれば自分で購入して取り替え作業をするのも1つの手段です。

ただし、最近のトイレはウォシュレットなど精密機器も搭載されていて、素人が下手に作業をすると反対に状況を悪くする危険性もあります。水漏れの原因がはっきりと特定出来なかったり、損傷・劣化している部品がよく分からない場合は、無理をせず専門の修理サービスに連絡しましょう。専門家に依頼すれば迅速・正確に直りますし、他に悪い箇所があった場合もあわせて解決できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *